印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」
印刷や製本のプロ「島村製本工場」
印刷 製本
印刷 製本
印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」 印刷や製本のプロ「島村製本工場」
 
印刷や製本のプロ「島村製本工場」
印刷 製本
書店で買えないお宝情報
「無料製本辞典」配信スタート!
Webサイト新装を記念し、当社80年の蓄積を集大成したメルマガ版「製本辞典」、配信開始しました。配信スタイルは「あ行」から50音順に毎週月曜日にお届けします。一般書店では製本語録のみの収録書籍をお求めになるのは難しく、当配信データをおまとめ頂きますと、新人社員様研修やお仕事に便利な総合辞書としてご活用頂けます。また配信途中からご購読頂いたお客様につきましては、メルマガ会員様限定のバックナンバー閲覧サイト開設、同PDF書式によるダウンロードを鋭意準備致してございます。ただし誠に勝手ながら、当社は少数精鋭の陣営であるため、メルマガ配信数に物理的な限界がございます。したがってメルマガご購読の方は募集期間内にお早くお申し込み下さい。
印刷 製本
製本について主要なキーワードを集めました。ひとつにまとめるとチョットした製本の知識になります。 詳しくは
印刷 製本
お問い合せありがとうございます。お手数ですが下記の項目にご記入のうえ、[送信]ボタンを押して下さい。 詳しくは
印刷 製本
平成17年 第4回印刷産業環境優良工場 日本印刷産業連合会奨励賞を受賞しました。
sapps認定企業
印刷 製本
印刷された紙がばらばらに散在している状態では「本」とはいえません。これらをひとつにまとめる「製本」を経てはじめて「本」となります。そこでこのこのコーナーでは、そんな製本について散在している主要なキーワードを集めました。ひとつにまとめるとチョットした製本の知識になることでしょう。
かんいじょうせい(簡易上製) 外観は上製本の仕立てだが、たとえばアジロ上製のように、本製本では行うべき糸綴りをアジロとじで代用する等、並製の手法を多く取り入れた上製本ふうのもの。文芸書や大量に配本するものに多い。
かんき(刊記) 現在の奥付けに相当。出版年月日・著者・刊行者等の事項を記した部分。長文のものを「刊語」という。
かんせいほん(完成本、出来本) 製本作業が完了してできあがった本のことを出来本、または完成本という。
かんちょうとじ(官庁綴じ)
官庁の資料・書類などをとじる方法の一種。背巻紙をいっしょにとじ、さらに折り返して貼りつける独特な製本。
カンプ
印刷物の最終確認するためのもの。仕上がりと同じような状態だが印刷工程をへないでつくられる印刷見本。
きかいちょうあい(機械丁合い)
機械を用いて丁合いする方法。
きくばん(菊判)
初めて洋紙が輸入されたとき、菊花の商標が示されていたところから名付けられたという。洋紙旧規格寸法。93cm×63cmでA判よりやや大きい。
きほんばり(基本貼り) 貼り込み工作の一つで、折丁の4〜5、または12〜13ページに別丁を貼る。大折りに戻して貼り、折り直す。
ぎゃくちょう(逆丁)
書籍・雑誌などの一部に、巻末から逆にページ数を付けること。和文タテ組のとき、巻末に索引・年表の横組みがある場合などに行われる。
ぎゃくなかとじ・ぎゃくなかとじひょうしくるみ 
(逆中とじ・逆中とじ表紙くるみ)
中とじした本は、真ん中のページを開いたときに針金の先端が頭を出しているため、読者の爪・指先を傷めるおそれがある。この予防のため針金を打つ際、本の背から真ん中ページ中央にという方向を逆向きにして、本の真ん中から背の方向に(下から上へ)針金を打ち、その後表紙くるみして針金の先端をくるんで隠してしまうもの。
きょうぼん(経本) 
経本や習字帳に見られる和本の様式。小口をジグザグに折り畳んで仕上げる。横長1冊分の刷り本を所定の小口寸法に合わせて折り畳んで仕上げる方法と、小口寸法に合わせた二つ折りを1冊分丁合いして、ノドの部分に糊入れして仕上げる方法がある。
キロれん(キロ連)
紙を扱う際の単位。1000枚で1連とし、その重量をキログラムで表したもの。通常「連」という場合、キロ連を示す。
くちえ(口絵)
書籍や雑誌などの巻頭に載せる絵や写真類のこと。
くるみ/くるむ(包み)
製本作業のなかで、中身に表紙を取り付ける作業。あるいは表紙で中身をくるむこと。
くるみびょうし(包み表紙)
仮製本の表紙の一つで「おかしわ(柏)」とよんでいた。1枚の表紙材料で中身をくるんで三方を仕上げ断裁して仕立てた本。
クロスせいほん(クロス製本)
表紙にクロスを使用した製本の総称。
けいいんさつせいほん
(軽印刷製本)

軽印刷による刷本を製本すること。軽印刷は、謄写版・タイプ印刷を指したが、現在は一般のオフセット印刷のうち、比較的小型の印刷機をつかっている意。
けしょうだち(化粧断ち) 
印刷物や本の中味を仕上げ寸法どおりに正確に断裁すること。とくに多ページ製本で各種版式が混在すると、全紙寸法が極端に異なり造本上支障をきたす。この場合は折り工程前に化粧断ちを行う。
けんとうおり(見当折り)
折りを正確に行うために、紙の切り口(紙見当)、けい、ノンブル、版面(印刷見当)等に従って折ること。トンボとトンボが折って一致するか等が見当の目安になる。トンボが見当をみる基準(マーク。「見当標」という)になる。折り機各部の調整を、紙を通して実際に折って見当を確かめながら行い、折ること。現物合わせの折り。
ごうし(合紙)
2枚以上の紙を貼り合わせること。印刷した紙(アート紙・板紙など)を板紙(チップボールなど)と貼り合わせて厚みや強度をもたせる。澱粉糊かエマルジョン型の水溶性接着剤を用いて貼り合わせる。
こぐち(小口)
仕上げ断ちされた本の三方の切り口のこと。綴じ側と反対側の切り口(前小口)のみを小口という場合が多い。→本の部分名
こぐちいろづけ(小口色付け)
本の小口に染料を塗ること。装飾を兼ねて小口の汚れを防ぐことを目的にする。
こぐちいんさつ(小口印刷)
小口装飾の一つ。本の小口にゴム凸版・パッド印刷などにより見出し等を印刷すること。辞書の小口面の見出しの五十音やアルファベットの印刷に用いられる。
こぐちおりびょうし(小口折り表紙)
仮製本仕様の一種。表紙をくるむ前に中身の小口のみを小断ちしておき、表紙の左右寸法を長めに小断ちしてくるむ。表紙の袖の部分を内側に折り込み、天地を最後に仕上げ断ちする。「がんだれ」とも言う。→がんだれ
こぐちぎり(小口切り) 
本の仕上げ断裁で行う。背を除く三方向を平断裁で切るとき、はじめに小口を切るのが正しい手順。ついで天地切りする。三方断裁機では、小口を先に断裁するタイプ、天地を先に断裁するタイプがある。
こぐちそうしょく(小口装飾)
本の小口を金箔で装飾したり、色染めしたりすること。「三方金」「天金」「小口金」の「金付け」や、染料による「小口色付け」「小口染め」「バラ掛け」がある。このほか小口にマーブル付けした「小口マーブル」「霜降り小口」、小口に見出しを印刷したり「爪かけ」「小口インデックス」をつくるのも小口装飾である。
さいらく(裁落) 
裁落紙、裁ち落とし、シデ等、いろいろな言い方をする。製本が仕上がるまでには多数の工程があり、紙は何回も断裁機にかけられて不要部分は切り落とされていく。刷り本から裁ち落とされた不要の部分が裁落である。
さぶろくばん(三六判)
規格外の本。かって仕上がり寸法が天地6寸・小口3寸に仕上げることから三六版と呼ばれていた。現在は、B判40取り、天地180mm×小口105mmのもの。「新書本」の大きさである。
ざらがみ(更紙)
GP60%以上、残りは化学パルプで抄造した印刷用紙。JISでは、印刷用紙Dに当る。
さらさがみ(更紗紙)
幾何模様を型押しで染めたマーブル紙のこと。.マーブル紙
さんさんばん(三三判)
JISP2020規格外の原紙寸法の一つ。697mm×1,000mmをいう。尺寸法は2尺3寸×3尺3寸。
さんしばん(三四判)
普通、ハトロン判という。JISP0202に定められた原紙仕上がり寸法の一つ。原寸法は菊判の倍判。900mm×1,200mm。尺寸法は3尺×4尺。
しあげだち(仕上げ裁ち)
三方断裁機の中で自動的に処理されるのが一般的だが、穿孔・ミシン等、加工した枚葉紙の紙積みや、折丁・製本等は平断裁機で仕上げ断ちする。
じむようせいほん(事務用製本)
中とじや無線とじする軽印刷製本等も含めたむもの。伝票・帳票、メモ帳、会社内の文書・書類・ページ物、カタログ・パンフレット等の商業印刷物等多岐。
じゅうろくおり(十六折り)
4度折りしたもの。32ページ折り。
しろくばん(四六判)
本の規格外の仕上げ寸法。出版社によって四六判は寸法に微妙なちがいがある。小口132mm×天地188mm、小口127mm×天地188mm、小口130mm×天地194mmが四六判として印刷技術書等には説明されている。
しんしょばん(新書判)
B全判40取り規格寸法外の単行本。仕上がり寸法 小口103mm×天地182mm。
しんぶんようし(新聞用紙)
新聞印刷に用いられる紙で、いわゆるザラ紙(更紙)がその代表。
すじいれ、すじつけ、すじおし
(筋入れ、筋つけ、筋押し)

板紙等の厚紙に折り筋を入れること。表紙、箱等の折って開いたり閉じたりする箇所にあらかじめ筋を入れて、開閉しやすくする。
せ(背)
本の綴じ側、前小口の反対側をさす。仮製本の書籍では背は直角に仕上げるのが普通。中とじ・ノート製本は「丸山」の背である。上製本(本製本)は丸背の場合と角背の場合がある。
せあわせ(背合わせ)
平断裁で化粧断ちするときの曲がりを防ぐ方法。背の高い本は2冊重ねて断裁すれば曲がりが防げる。腹と腹(表1と表1)を合わせる「腹合わせ」に対して、背合わせは背と背を合わせて天地の化粧断ちをすること。
せみだし(背見出し)
ノートの背の上部に貼る見出し紙。
そうてい(装丁) 
装幀とも書く。表紙の図案を考え、本を美しく装うすべての行為を意味し、外箱・カバー・表紙・見返し・扉などの文字や図案のほか使用する材料や製本様式そのものも装丁の対象に入る。
だいわり(台割り)
「台割り」は本1冊分を、何台の印刷機・折り機等に分散して印刷製本するか決める本の設計書に相当する。印刷は印刷機の機械台数、製本は折り台数で分ける。
たちおとし(裁ち落とし) 
全紙から所要の印刷面を切り取った残りの紙。製本の仕上げ断ちのときにできる裁落。
たちきり(裁ち切り)
写真・挿絵・図版などが仕上げ寸法より大きめに印刷され(絵柄が正常な版面からはみだし)ていて、仕上げ断ちの際に絵柄を裁ち落とすことがある。レイアウトのときにあらかじめ絵柄の一部が裁ち落とされることを意図している場合がある。
ためんがけ、ためんつけ
(多面掛け、多面付け)

1枚の印刷用紙の片方の面に多数のページ分が印刷されるように面付けすること。
ちどりがけ(千鳥掛け)
折丁になったとき表ページだけが印刷され、裏ページは白となるような版面の掛け方。
ちょうあい(丁合い)
製本のさい、中身をページ順に揃え1冊の本にまとめる作業。本、カレンダー、伝票等の冊子がページ順に紙葉が揃うように、紙葉・折丁を順序正しく重ねる。
ツカ(束)
表紙を除いた本の中身の厚さ。

Previous Page

Next Page
※市場状況を知る一環として行っております。是非お気軽にご相談下さい。
E-mail yukio@shimamura-seihon.co.jp、TEL: 03 (3941) 5955、FAX: 03 (3945) 8569、島村まで
印刷 製本 印刷 製本
 
印刷や製本のプロ「島村製本工場」